Wednesday, June 15, 2016

返済について考える

お金が必要な時、どうしても「借りる」という事ばかりに意識が行ってしまいがちです。
目的はあくまでも必要な額を借りる事、その為、そこがゴールという感じで、お金を借りた時点で気が抜けてしまう場合だってあります。
ですが、借りたお金は自分のお金で稼いだお金ではありません。
つまり、自分のお金ではないのです。
お金の見た目には差はありません。
しかも自分の使いたい目的で簡単に使う事ができるので、自分のお金と混同してしまいがちです。
ですが、これはあくまでも借りたお金で、誰かほかの人のお金を一時的に借りているだけの事で、いつまでも返済せずに借りている事ができるわけではありません。
借りた物は返す、それは当たり前の事なので、お金を借りる時、また借りた時はしっかりと返済について考える必要があります。
これは目的別ローンだけでなく、消費者金融も同じ事です。
しかも、消費者金融の場合はその他のローンに比べて金利が高めに設定されています。
これは、担保も保証人も必要とせず、信用で成り立っているからです。
勿論、借入額が多い場合などは担保や保証人が必要となりますが、一般的にはそれらは必要ありません。
その為、必要な書類などを用意して、身分証明さえできればかなり手軽に、また気軽に借りる事ができるようになっているのです。
ですが、比較的簡単に借りられる場合も、返済についてはしっかりと考える必要があります。
例えば、期日を守るのは当たり前の事、また返済期限よりも前に完済できるならそうする方がお得です。
繰り上げ返済、一括返済などができるなら、それをする方がかなりお得にお金を借りる事ができます。
消費者金融を利用する重要なポイントは、なるべく短期で返済するという事だからです。
お金が必要な時は、どうしても借りる事ばかりに目が行ってしまいます。
ですが、返済についても合わせて考える事によって、上手に消費者金融を利用する事ができるようになるのです。